■「ソーケン」や「ソーケンリラックス」はどんな効果がありますか?

07_img001.jpg医薬品、医療機器などについて定めている薬事法では磁気治療器の効能・効果は「装着部位のコリ及び血行」となっています。ですから磁気治療器には治療する部分の血行を促す効果と筋肉などのコリをほぐしてくれる二つの効果をもっています。

■磁気は人のからだにどのように作用するのですか?

人の身体は電気を通すことのできる「導電体」とよばれる性質を持っています。この人体に磁気を与えると、体内に微弱な電気を起こし、血液の中に電流を生じさせ血液中のイオンを増やします。これが自立神経に作用する事で、血液の流れを良くしたり、コリの症状を改善するとされています。

■「ソーケン」や「ソーケンリラックス」から出る磁気のつよさはどのくらい?

07_img002.jpg「ソーケン」から出る「表面磁束密度」で表される磁気の強さは80mT(B-max)です。
「ソーケンリラックス」の本体治療面の表面磁束密度は37mT(実測値)です。 

■「ソーケン」や「ソーケンリラックス」に表示されているmT(ミリテスラ)とはなにを表していますか?

磁力の強さを表す国際単位系(SI)の磁束密度の単位。1mT(ミリテスラ)は、1センチ四方の面に10本の磁力線が通っている事を表します。つまり50mT(ミリテスラ)は500本の磁力線が通っている事をあらわします。

計量法改定で旧表示のG(ガウス)からT(テスラ)へ表示法が変わりました。
10mT(ミリテスラ)=100G(ガウス)
100mT(ミリテスラ)=1000G(ガウス)
0.1T(テスラ)=1000G(ガウス)
1T(テスラ)=10000G(ガウス)

■磁力の強さによって治療効果は違いますか?

07_img003.jpg現在、国内の電気磁気治療器のメーカーから約37ミリテスラ(370ガウス)〜100ミリテスラ(1000ガウス)ほどの磁力を持つ治療器が製造販売されていますが、電気磁気治療器に関しては、磁力の強弱による治療効果への影響についての研究や臨床データ等の報告はありません。当社が過去に実施した「創健B型」についてのアンケート調査や電話によるユーザーの皆様からの声を直接お聞きしても、磁力の違う50ヘルツと60ヘルツ地域を比較しても治療効果の偏りは特に見出せませんでした。

■どのくらいの期間使用すれば効果がでますか?

人にはそれぞれ個人の持つ体質や生活習慣などによる個人差がありますので、同じ様に治療をしても効果の現れる時期には違いがあります。

■ 「ソーケン」や「ソーケンリラックス」はどんな効果がありますか?

07_img004.jpg現在(平成18年1月)までに厚生労働省に電気磁気治療器による副作用に関する報告はありません。ただし稀に、だるさや少しのぼせた感じがする方もいます。
その際は使用を中止し、間隔を空け体調に合わせて10分ぐらいの短い治療時間から再使用いただくことでこのような体感は緩和されたという報告があります。